鬱病の改善には原因の確認が大切【心の不調を撃退】

うつ病はなぜかかる?

ドクター

現在社会では、およそ20人に一人の人がうつ病の症状に苦しんでいると言われています。羅漢している当人だけでなく、その周辺の家族も苦しむことなるうつ病の原因について調べて見ました。

Read More

うつ病の薬の飲み方

ハート

うつアカデミー

うつ病の原因を知りたい人のサイトです。数々の情報が掲載されているのでタメになりますよ。

うつ病改善させるための薬

うつ病になる原因や程度は人それぞれです。愛する人の死別や離婚、退職や引っ越しなど原因がはっきりしているものもあれば、理由もなく不安になったり、食欲不振や食べても美味しく感じない、何に対してもやる気がでないなど、はっきりした原因が分からないものもあります。うつ病かどうかのセルフチェックをすることもできますが、これが100パーセントの結果ではありません。不安に思うことがあれば、心療内科や精神科を受診して専門家の診断を受けましょう。うつ病は、時間が経てば自然に治るというような種類の病気ではありません。しっかりと向き合って正しい治療をする必要があります。早めに治療を開始すれば重症化を防げたり回復までの期間を縮めることができる可能性も大きくなります。うつ病と診断され、薬が処方されたら必ず指示通りに飲みましょう。医師は患者のうつの原因や程度、体質などを考慮しながら薬の種類や量を決めて試していきます。効き目が出るには4から6週間の観察が必要なこともあります。効かないからといって勝手に飲むのをやめたり飲む量を変えたりしてはいけません、医師の判断に任せてください。また回復期に入ってくると、以前のようなやる気が出てきたり、いろんなことが楽しくなったりして生活がパッと明るくなったような気がします。そうすると、自分の病気は治った、完治したと勘違いして薬を飲む量を自己判断で減らしたり飲むことすら辞めてしまう人もいますが、それは危険です。うつ病というのは再発、慢性化しやすい病気なので症状が改善しているように思えても医師の指示通り薬を飲み続けることが大切です、そうしないとさらに悪化させたり、または療養期間が長引く可能性があります。短期間ですっきり治すという考え方はやめて、上手に付き合いながらゆっくり回復していこうと言うゆとりを持った気持ちでこの病気と向き合いましょう。薬による治療と同時に行うことは十分な休養です。これは、からだも心も両方ゆっくり休ませることです。無理せず休みたい時は休み、リラックスした気持ちでいることが、回復へと導いてくれます。

うつ病の原因に環境変化も

女性

これまでの環境と大きく変わり新生活が始まると同時に、うつ病の症状が発症となる場合が少なくありません。環境の変化に適応することが難しい適応障害がながびき、うつ病の原因となる可能性もあります。少しずつ環境に慣れていくようにすることが大切です。

Read More

うつ病と原因

看護師

うつ病の初期には、自分が病気であることに気づいていない人がいることは珍しくありません。医師と相談をしていく上で、うつ病の原因が明らかにされていくことが少なくないのです。

Read More

うつ病で受診するなら

カウンセリング

うつ病で診療内科や精神科に初めてかかる時、慣れていないせいか非常に戸惑います。でも、一番大事なことは病気になるまでの過程や病状を話すことです。病気の原因は一つに絞れないこともありますが、これまでのことがわかれば初診で困りません。

Read More

うつ病の原因と改善方法

婦人

うつ病は研究も進み、ある程度の原因は解明されてはいます。しかし完全には解明されていないとも言え、わかっている原因としては脳内の変化・体質・ストレスの3つです。これらが重なり合って発症すると考えられています。

Read More

Back to Top