鬱病の改善には原因の確認が大切【心の不調を撃退】

うつ病の原因と改善方法

婦人

それぞれの原因と対策

うつ病は心や精神の病と思われていますが、心や精神を司っているのは脳です。その為、脳の病気とも言えるのです。原因と考えられているのは脳内の変化・体質・ストレスの3つですが、1つだけではなくこれらが連鎖して発症すると考えられています。心理的なストレスはうつ病発症の引き金として有名です。過労や人間関係のトラブル等でストレスを受けますが、受けると脳の働きのバランスが乱れます。脳には様々な神経細胞が存在しており、情報を伝達して感情を生みます。ストレスにより脳の神経細胞が変化してそれが感情や考え方を歪ませているという研究報告もあります。またうつ病は遺伝的要因も考えられています。これはまだ研究途中で解明はされていませんが、親や兄弟が発症した方がいると発症率は高い傾向にある事がわかっています。つまりなりやすい体質と言われるものです。これらが連鎖し重なり合う事がうつ病発症の原因と考えられています。発症し治療してもすぐには改善はできません。ゆっくりじっくりと治療していくのが基本となります。発症するとうつ状態と躁状態を繰り返す傾向にあり、改善したからと言っても悪くなったりと一進一退を繰り返す特徴があります。その為治療期間は最短でも3ヶ月は必要と言われています。治療方法ですが基本的に原因となる環境から脱して十分な休養をとる事が基本です。原因の1つであるストレスを受ける環境にいては治療も進みません。受診すると医師が判断して伝えられます。そして服薬療法で身体の不調を修正していく事になります。精神科等の薬は抵抗を示す方も多いですが、うつ病では服薬療法と休養が基本的な治療方法になるので必要な事です。医師から処方される抗うつ薬が有効と考えられています。お薬には種類がありますが、効果は脳の神経伝達物質のバランスを正す作用があります。バランスを整える事で、意欲や活力がスムーズに伝達されるようにしていきます。服薬療法以外に心理的治療も受ける事になります。上記にあげている様にうつ病は悪化と改善を繰り返します。ぶり返しと言われるものを予防する為に、医師のカウンセリングを受けて否定的な思考から柔軟な思考パターンにしていく治療を受けます。

Back to Top