鬱病の改善には原因の確認が大切【心の不調を撃退】

うつ病の原因に環境変化も

女性

大きな環境の変化に注意

多くの学生や社会人が発症する適応障害の例としてあげられるのが5月病という症状です。これは俗称ではあるものの、大型連休を挟んで本格的に新生活のリズムになっていく状況で、それまでとの環境の違いが大きなストレスとなって気力が低下したり、体調を崩してしまったりする症状です。適応障害の一つの例とされ、これが長引くとうつ病の原因となる場合も考えられます。大学を卒業して新社会人となったタイミングでの発症が多いと言われており、学生の頃の比較的時間に余裕があり社会の厳しさにも触れていない状況から急に大人社会の中に足を踏み入れることとなる大きな環境変化が、本人の気持ちに大きな影響を与えてしまいます。適応障害は、徐々に環境に慣れていくことによって解消していくことが多く、誰もが新しい環境に馴染めるようになるまでには時間がかかるものです。その際に気持が上向きとなって解消していくケースもありますが、そのままうつ病の症状におちいってしまい出社ができなくなっていく人もいます。その場合には早めの心療内科の受信がおすすめです。また、一般的に喜ばしいことにおいても環境変化が伴う場合にはそれが思わぬストレスの原因となってうつ病につながるというケースも少なくありません。例えば結婚や出産、住宅の購入や新築など、人生の目標を達成した場合に急に不安に襲われてしまいうつ病となる場合もあります。やはり大きな環境の変化が強いストレスとなっているということになりますので、周囲からは幸せに見えても本人にかかるプレッシャーはうつ病の原因になるほどの強さとなっている可能性もあることを知っておきましょう。環境変化はある程度の予測が立てられる場合が多いものですので、事前に今後の自分のあり方を見据えて予想することなど、客観的に状況を判断して、あまり思い悩まないようにすることも必要です。環境に適応できないことが原因で、眠れない夜が続いたり食欲が低下したりという症状が見られる場合には、心療内科の受診が良い方法です。その状況を我慢し続けることでうつ病の原因となりますので、ストレスに感じている環境面の負担や不安は、しっかりと取り除いていくことが大切です。

Back to Top