鬱病の改善には原因の確認が大切【心の不調を撃退】

うつ病で受診するなら

カウンセリング

うつ病の受診で大事なこと

病院に行く前に病気になるまでの過程をまとめておきましょう。簡単な記録でいいので、いつ頃からどんな症状に悩まされていたのか聞かれて困らないようにまとめておきます。家族がいれば協力してもらうといいです。病気の時は自分の病気を客観的にみることが難しいです。普段なら簡単にできそうなことが思うようにいかないのがこの病気の特徴で、そういう意味では家族の力は借りたい時です。自分では気がつかなかったことも記憶していて答えてくれるかもしれません。心療内科や精神科では基本的には検査がありません。血液検査や尿検査をしてわかるような病気ではないためですが、そのため自己申告したことが病名やら薬の処方に大きく関わってきます。診断が誤れば病気が悪化したり長引いたりするためきちんとした病状の把握はとても大事です。うつ病と診断されるまでには辛い時期を過ごしてきていると思います。その時期に日記を書いていると後から振り返ることができます。その時は辛い出来事を書き綴ることになるので苦痛でしょうが、後には自分を助ける材料になるため是非日記を書いてください。病気が完全に良くならなくても、後から読み返すと「こんなことに悩んでいたんだな」とか「この頃に比べたら今はだいぶ良くなった」など自分の病気と向き合うことができます。うつ病は良くなってきてもそれが目に見えにくい特徴があります。そういう点では他の病気と大きく異なります。しかし、こうして比較し良くなっていると実感できれば、前向きに頑張れるのです。焦らず治療するためには自らが良くなっているという実感が必要です。日記ほど正確な自分の記録はないので大事にしたいものです。うつ病になる原因は人によって様々です。明らかに分かりやすい原因がある人もいれば、いくつかの出来事が重なって体調を崩した人もいるでしょう。日記は読み返すことでその時に戻れます。書いている時には感じなくても後から自分が何に悩み、辛い思いをしていたのか?また、仕事はどのくらい忙しかったのか?など自分を見直すデータにもなります。もし病気になった原因がわかれば、病気が完治した後なども生活に気をつけることができます。うつ病で再発する人もいるため、それを防げればとても安心です。最終的にはうつ病にかかった原因を知り、再び病気を繰り返さないことが大事です。

Back to Top