鬱病の改善には原因の確認が大切【心の不調を撃退】

うつ病はなぜかかる?

ドクター

うつ病を回避するためには

うつ病が発症する原因については諸説あり、現在医学でもまだまだ解明できない未知の世界の問題ですが、一般的は何らかの要因で脳で働く神経の伝達物質の働きが悪くなるのと同時に、心理的なストレスや身体的な衰弱、環境の変化など、様々な要因が複雑に重なって発病すると考えられています。ここで知っておくべきことは、うつ病とはたった一つの事象が原因となって発病するものではないということです。心理的なストレスとは仕事上の対人トラブルや、近しい人の死や離別などの生活上の大きな変化が原因となって発生します。身体的な衰弱は、現代社会でも大きな問題となっている長時間残業や多発する長期出張などの荷重労働によるものが大きな原因となります。環境の変化とは、就職や結婚、配偶者の転勤に伴う転居などが挙げられるでしょう。現在では国内だけでなく、海外などへの転居を伴うケースも多く見られるので、駐在妻と呼ばれる人の中でも、うつ病を発生する人は増加する傾向にあるのです。また、本来持っている気質もうつ病の発症には大きく左右されると言われています。真面目で几帳面、頑固で融通がきかない、気分転換するのが苦手、何事にも白黒をつけたがり、曖昧を嫌うなどの性格は、勉強や仕事がうまく運んでいるときはプラスサイドに作用することもありますが、一旦、袋小路に入ってしまうと、その真面目で一途な性格ゆえに逃げ場所をなくしてしまう危険性があるのです。このような性格の持ち主は、普段は友好的で人に合わせることもできますが、実は自己を無理やり押し殺し、自ら自分に負荷とストレスをかけていることもあるので要注意です。とは言っても、自分の性格というのはなかなか変えられるものではありませんし、その気質自体が悪いということでもないのです。ですから、自分がうつ病に陥りやすい気質の持ち主であることを事前に知っておき、追い込まれるような状態になる前に、回避できるすべを知っておくのが良いでしょう。親しい友人や家族にい自分の気質をよく理解してもらって、彼らの力を借りて逃げ道を作るというのも良いかもしれません。

Back to Top